医療脱毛のVIO脱毛は痛い…痛すぎる…!!!

「VIO」はとってもデリケートなところですが、海外では脱毛してて当たり前と言われるようになってきました。

女性は特に好みのデザインの水着や下着を楽しめたり、生理の時に清潔に保てることから脱毛する人が増えてきました。

でもVIOは体の中でも、とってもデリケートな部分で、しかも剛毛。

毛の量も人それぞれではありますが、体の中でも多い部分。

「VIOの脱毛は痛くないのか」と気になる人も多いと思うので、今回は私の体験談をお話ししますね!

ぶっちゃけVIOめちゃくちゃ痛いよ!!

友達にも「痛いよ」って話聞いたり、ネットで調べて相当な覚悟して行ったつもりでした。

でも、正直脱毛する何年か前に人差し指を包丁で切ったことがあって、結構グッサリ行っちゃってて傷が深かったんですよ。

病院に慌てて行ったら「麻酔した方が時間もかかるし痛いから麻酔なしで縫うよ」って言われて拒むまでもなく、

バチ!バチ!って医療用ホッチキスで3針縫われたことがあって

「それも唸るぐらい痛かったけど、別に大丈夫でしょ(笑)」って思ってたんですよ。

私は大馬鹿者でした。

本当に、あれが慢心ってやつなのかって思いましたよ。(笑)

いやぁ~。

VIOの毛が結構多くてコンプレックスだったんで思い切ってVIOの脱毛5回コースの契約したんですけどね、

「こんなに痛いことって私の人生にあるんだ~(T_T)」

がVIO脱毛の1回目の素直な感想でした。

施述前に「輪ゴムでばちばち打たれるような痛み」と説明されてて、それでも「VIOは本当に痛いですよ」って念押しされてたんですね。

あの時の看護師さんが変な笑顔浮かべてた理由がわかりました。

(医療脱毛なので脱毛してくれるのは看護師さんです。)

痛さが輪ゴムどころの話じゃないんですもん。

そもそもVIOって人に見られるのめちゃくちゃ恥ずかしいし、でもめちゃくちゃ痛いし、でも痛くて悶絶するのも恥ずかしいし・・・

「何だこれ拷問かよ!!!」って心の中でツッコミ入れてました。

でもVIOの脱毛が1番痛いのは1回目だけ

脱毛って毛周期に合わせて行われるので、2回目の脱毛は3ヶ月後でした。

正直、1回目が痛過ぎて、2回目行くのはめっちゃ憂鬱でした。。。

「まぁた、あんな辛い思いするのかあ・・・」

心の中はこんな感じ。

我慢ならず、その時担当してくれた看護師さんに不安に思ってることを相談すると「効果が薄れるかもしれないけど、機械ののパワー少し下げてみる?」

「麻酔してみる?」と色々提案してくれました。

結局、相談したけど、本来の機械の力で頑張ってみることにしたのですが、1回目が嘘みたいに痛くないんですよね。

もちろん全く無痛ってわけじゃないし、部分によれば「めっちゃ痛い!!!」って思うところもあることにはあったんですけど、1回目に比べたら全然呆気なかったです。

帰り道、あれこんなもんだったかなぁ?と首を傾げました。

3回目以降どんどん痛みは減って、1回目の地獄が嘘のようでした。

痛みが大きい原因はVIOの肌と毛質

医療脱毛はレーザー脱毛といわれる物です。

メラニン色素に反応する特定の波長を持ったレーザーの熱で、毛穴の毛根細胞を一つずつ破壊します。

毛根細胞を破壊するほど強いため、痛みを感じます。

それだけでなくVIOは肌、毛質、場所の3つの条件全てが痛みを感じやすい状態になっているようです。

肌の状態

VIOは元々粘膜部分に近いため、とても肌が薄くて、痛みや熱を感じやすい。

さらにIOは肌と肌が擦れたり、下着の摩擦によって黒ずみがち。

レーザーや光脱毛は、色が濃い部分に強く反応するため、

黒ずんだ肌色に反応しやすく、痛くなりやすい。

毛質

レーザーや光脱毛は色の濃い色素に強く反応するため、毛が太く濃い箇所は効果が出やすくなる。ただ、効果が高い分、加わる熱が痛みとして伝わりやすい。

脂肪が薄く、骨が近い部位

肘や膝などの関節と同じく、VIOも骨盤や恥骨など大きな骨が出ていて脂肪が溜まりにくい部分です。

骨が近く、その真上あたりになるとレーザーや光による衝撃が伝わりやすく重たく響くような痛みを感じます。後を引かない、かなり瞬間的な痛みです。」

最後に

VIOの医療脱毛の痛さについてお話でした。

こんなの読んで「痛さに耐えられる自信がない」という方もいるかもしれません。

それでもなんとか脱毛したい方、もう契約してしまった方はこんな対策してみては?

生理前は脱毛しない

生理前や排卵日の前後はホルモンバランスが不安的な状態で

肌のバリア機能が弱ってしまい、痛みに敏感になります。

脱毛の日は体調を整えておく

体調不良時や生理前の体は熱がこもりやすく、脱毛による熱を痛みとして感じやすくなります。

睡眠不足や風邪などの不調時はホルモンバランスも乱れるので、政治前同様です。

皮膚の乾燥や火傷を引き起こす可能性もあるので、なるべく体調は整えた方がいいでしょう。

VIOの保湿は毎日する

VIOだけでなく乾燥した肌は脱毛での痛みを感じやすいので、デリケートゾーン専用のボディークリームやローション、ワセリンで保湿を!

顔と同じくらい体も毎日保湿することでダメージに負けない肌を作れます。

また肌に水分が十分に蓄えられていれば、脱毛効果も出やすくなります!

痛みを想像しておく

ここの準備をしておく、という意味で。

精神的な者ではありますが、痛みに弱い人はできる限りの準備をして行くのをお勧めします

そこまで痛くないケノンもオススメ

家庭用脱毛器で1番人気のあるケノンもいいですよ!

クリニックのようにレーザー脱毛ではないので、痛みも強烈ではありません。

しかも一人で処理できちゃうので、恥ずかしさもゼロ!

価格も比較的お手頃価格なので、痛みに弱いし恥ずかしい!っていう人は、ケノンもありかと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です